嬢王の機微

心の揺らぎを記していく