嬢王の機微

心の揺らぎを記していく

プラ板でつくるアクサリー作りにはまっています

最近、仕事が休みの日などにプラ板でアクセサリーをよく作っています。
きっかけは手芸屋さんで見つけた一冊の本でした。
その本には、おしゃれなプラ板のアクセサリーの作り方がたくさん載っていて「私もこんなの作ってみたいな」と思い、購入して見よう見まねで始めるようになりました。

プラ板は、熱の加え方やカットした大きさなどで、完成品の仕上がりが大きく変わってきます。
そのため、初めの頃はいくら作っても失敗ばかりで何枚もプラ板を無駄にしました。
しかし、それでも続けて作っていると少しずつコツがわかってきて、理想通りの完成品が出来上がることも多くなってきました。

プラ板で作るアクセサリーの面白さは、熱が残っているうちに力を加えることでガラスのように様々な形にできること、色をつける道具も決まっておらず油性マジックや色鉛筆、アクリル絵具にマニキュアなど自分の好きなもので色をつけることができることなどにあります。
また、色をつけた材料によって出来上がったアクセサリーの質感が違ってくるのも面白いところです。

最近ではピアスやネックレスといったアクセサリーだけではなく、バッグチャームやパンプスにつけるアクセサリーも作るようになりました。
シンプルなバッグやパンプスにつけるとイメージががらりとかわるのでオシャレの幅も広がります。

これからも上達を目指して作り続けていき、人にもあげられるような作品が作れるようになったら、フリーマーケットや手芸作品展などにも出していきたいなと思っています。