嬢王の機微

心の揺らぎを記していく

とりあえず小休止、そして夏への想い

一週間が何とか終わったといいますか、一応節目を越え、小休止に入ったというところでしょうか。ひと仕事が今日で一段落ついたのでとりあえず安堵です笑。今週は暑さといい忙しさといい、何かとハードでした。
明日一日リフレのオフを経て、また新しい一週間が始まろうとしています。ひと月がこの調子で過ぎていくのが早いことったらありません笑。
いつもは仕事後汗だくになって帰宅するため、速攻でシャワーを浴びてサッパリしてからアイスカフェラテを飲むのが常です。でも今日ぐらい涼しいと、シャワー要らず。もちろん動けば多少汗ばむものの、いつものうだるようなジメジメした湿気もなくてだいぶ助かっていますね~。クーラーはおろか扇風機すら要らないという、このぐらいの涼しい気候だと過ごしやすいものです。
いつもは寝室には扇風機しかないので、ジメジメ湿気と暑さがひどいと、夫ともども「逃げろ逃げろ笑」とクーラーのあるリビングに避難して寝ているほどです笑。でも今日の気候なら避暑避難はしなくて済みそうです。
暦の上では明日からは一応秋ということになります。これから季節の変わり目を迎え、あれほどうだるように暑かった夏の酷暑が嘘のように静まって涼しくそして徐々にでも寒くなるなんて信じられないような思いがしますね。
処暑ということで、今月の下旬ぐらいになったあたりと今月の最終日である今日なんかも、夕方から夜にかけてちょっと窓を空かしているだけで何となく秋の気配を含んだような涼しい空気が入ってくるのを肌で感じました。
結局別にそれほど大したことなんてできなくても、特別なことなんてなーんにもできなかったとしても、ただ「夏である」っていうそれだけで魔法のような季節、それが私にとっての夏です。
私が感じるぐらいですからきっと同じようなことを感じて、夏が去っていく今日という日に想い巡らすことの多い方々が全国にきっといることを信じています。
すべては夏という、特別な時間や季節を愛するゆえの想いのはず。そんな夏を愛するすべての人々に、それぞれにふさわしい幸せの訪れがあるよう願いつつ、このブログを締めくくりたいと思います・・・★